2015年10月30日

なまりとニキビ跡…(๑•́ ₃ •̀๑)◞

なまりとニキビ跡

こんにちは。久しぶりの更新です。

今日はあらためて、私の自己紹介しちゃいます。face02

私は37歳主婦です。子供1人、夫とペットの犬で住んでいます。私は東北の出身で、なまりがきつくて、もう関東に出てきて20数年経っているにもかかわらず、初対面の人には必ず

「東北の方ですか?」

「最近こちらに来られたんですか?」

と、聞かれてしまいます。

もともと標準語に近い田舎の子たちは、すっかり東京の言葉になじんで、もう東京人みたいですが、私は学生の頃から東京にいるにも関わらず、まだまだ東北人という感じで、受け入れてもらえないのが悩みです。気持ちが滅入ってしまい、言葉が東北なまりがあるので、仕事も点々として、自分に自信が持てなくて、子供が生まれてからは仕事をやめて専業主婦をしています。犬がいるので、心のなぐさめにはなるのですが、いろいろイライラしてしまい、子供や夫にあたってしまうことも多いです。怒鳴り声がご近所にも聞こえているのかも、と思うのですが…抑えきれずに怒鳴ってしまい、また自己嫌悪の毎日です。

一時は、なまりが自分ではなおったつもりでいたのですが、まだまわりからは東北だよね〜とからかわれているような気がして、家族全員で実家に帰ろうかと悩んだほどですが、子供にとっては東京がふるさとで、夫の仕事のこともあるし、あきらめました。

そんな私の趣味は、犬とガーデニングです。幸いうちは戸建てなので、ガーデニングが楽しくて楽しくて夢中になってしまいます。もちろん狭い庭なのですが、誰ともしゃべらなくていいし、草花は本当にかわいいし、癒されます。

最近裏に引っ越してこられた方も、ガーデニングが趣味のようで、すごくいい方で、たま〜に話をしたりするようになりました。その家の奥さんも北陸出身で、すごく気があって、その時は本当に気を遣わずに、素の言葉で素の自分でいられて、本当にうれしいのです。やっと私にもそういう人が現れてくれて、引っ越してきてくれたことに心から感謝しています。
 
その裏の方といろいろ話すうちに、私の長年の悩みだったなまりは、「チャームポイント」と言ってくれました。「東北の人はあったかいイメージだし、隠さないでなまってしゃべったら大丈夫だよ!」と背中を押してくれました。

なまりを悩みとしなくなった時、今まで気づかなかった自分の顔の悩みに気づきました。若い頃に顔中にできたニキビの跡がアバタのように残っているのです。色は白いほうだったのですが、ごつごつと赤いニキビができてしまい、その跡が汚く残っていました。
あ〜まだこんな悩みがあったんだな、と気づいたのですが、こうして一個ずつクリアしていけたらいいなと前向きな気持ちにもなれました。

ニキビ跡をインターネットで検索すると、いろいろな情報があり、今勉強しています。そして、このニキビ跡のブログを最近は熟読(笑)しています。すごく分かりやすくていい感じなので、このリプロスキンというのも買ってみようかと考えています。

なまりがきつくて、悩んでいた私の人生ですが、こうして少しずつ上向きになっています。いつか、この「なまりがあって良かった!」と思える日が来るといいなと、思ってます。


Posted by Sherry at 10:50│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。